次世代煙吸引機VAPE

vapeは最近流行りの次世代たばこ、と言うよりは次世代煙吸引機と言った方が誤解を生まないかもしれません。vapeを使うのに必要なものは吸うための機械とリキッドと言う煙の元になります。問題視されるのはこのリキッドで、海外のものにはニコチンが含まれるものも販売し購入することが可能です。このニコチン入りリキッドは日本ではまだ審議中で販売は認められていません。たとえ海外で買ったニコチン入りリキッドであっても日本に持ち込むのは難しいです。VAPEの醍醐味は煙で遊べる事にあり煙で輪っかを作ったり、竜巻を作ったりとバラエティーに富んだ技が沢山あります。それでも、日本では煙を吸ったり吐いたりするとこに抵抗のある人が多くあまり普及していない事もあり周りからの反感を買うことも少なくありません。タバコとは全く別のものなので喫煙スペースに限らず吸うことが可能です。(もちろん喫煙スペースでも)それでも、電車の中や図書館などでは迷惑行為になるので控えましょう。技をするには風のない屋内が最適なので屋内で使用するのが一般的です。リキッドには様々な味や匂いがあり、様々な物を試すことができます。(機械は同じ物で他のリキッドも使えます)煙を使って遊ぶのは新鮮で楽しいですがVAPEを禁煙や、リラックスとして使う人達も少なくありません。ニコチンのない煙(水蒸気)を吸うだけで禁煙できるのは(人によって効果は変わりますが)楽ですよね。youtubeなどで動画を見てみたら分かりやすいです。機械は安いものから高いものまであるので、まずは安いものから試してみたらどうでしょう。

VAPEによる禁煙効果について

VAPEとは電子タバコのことで、火気を使用しないタバコのことです。VAPEは、Vapor(蒸気)を語源にしていると言われ、アメリカで通俗的に呼ばれている名前です。形は普通のタバコよりも少し大きめで、デザイン性を重要視している物が多く、最近ではファッションとして吸っている人も多いようです。火を使わないので、有害なタールや一酸化炭素を発生しません。また、日本ではニコチンが入った電子タバコを許可していないので安心して吸うことができます。ニコチンが含まれていないので未成年でも使用することができますが、喫煙への誘因になる恐れがあるとして未成年には販売しない店舗もあるようです。ヘビースモーカーの方で禁煙したいと悩んでいるのなら電子タバコを試してみるのも一つの方法です。タバコが吸いたくて仕方がないときに電子タバコを代用として吸えば、結果的に禁煙を進めることができるでしょう。また、副流煙の心配もないので、自宅で喫煙するときにベランダに追い出されていた方も堂々と部屋の中で吸うことができます。煙ではなく蒸気が出るので、部屋の壁を汚す心配もありません。

VAPEを試してその後購入

タバコを吸い始めて3年くらい経った時に気管支炎にかかり、通院する事になりました。タバコが原因かもしれないという事がわかり、やめる様に努力しましたが、なかなかやめれず途方に暮れていました。そんな時友人が持っていた電子タバコがいくつかあり、どんな物なのかがわからなかったので、試させてもらいました。タバコと違ってあまり吸った後すっきりした感じがしなかったのですが、VAPEだけは何だか違って、とてもいい香りがして自分に合っているなと感じました。そしてその後気に入った色、形の物を購入しました。だいたい二週間くらい試していると、タバコよりVAPEを吸っている時の方がリラックス出来るなと感じ始め、タバコをやめる事が出来ました。そしてその後すぐに気管支炎も治りました。とても健康になれた気がして、嬉しく思っています。