VAPEはタバコの代わりになる優れものです

禁煙治療に禁煙外来があります。どこの病院も、患者さんで一杯と言われています。しかし、この禁煙、相当難しいもので、一度止めた人でも再開をしてしまう人が多く、このような病院へ通う人が、後を絶たない訳です。タバコも麻薬と同様な効果があり、一度病みつきになると、止めるためには相当な努力も必要になって来ると考えられます。そんな禁煙の出来ない人のために、タバコに変る代用品を見つけることが出来ました。それがVAPEと言われる、電子タバコと言われるものになります。タバコのような副流煙の心配も要りません。これは、リキッドを少量熱することで、煙が生じます。この煙が、タバコ同様の気持ちにさせてくれるのですが、これは煙ではありません。リキッドから出る蒸気です。そしてこのVAPE、タバコではありませんから、喫煙する場所の指定がありません。他の人に害を及ぼすことが、ありません。ですから、会議室でも堂々と使えることになり、喫煙出来ないイライラを抑えるために、役立つものとも言えるのでしょう。

禁煙される方は、VAPEをお使い頂くといい

タバコを吸われる方もいらっしゃいますが、タバコを吸うことで、がんになってしまうことあるので、興味あるタバコを辞めようとする努力も必要です。禁煙対策として、お勧めなのが、VAPEの電子タバコです。この電子タバコは、普通のタバコではないですが、周りからは、本当のタバコのように見えるので、道で、このタバコを吸ってると、注意されてしまうこともありますので、気を付けないといけないですね。電子式なので、電池がなくなったら充電することになります。リキッドというものをセットして、使うものなので、好きな香りを選んで吸って見る事ですね。フルーツの香りから、気持ちがリフレッシュするミントの香りなどいろいろありますので、いくつか購入しておくといいですね。数か月継続して使うことで、禁煙も成功します。充電することで、何度でも使用出来るので、試してもらいたいですね。

電子タバコ、VAPEの楽しみ方

VAPEとは火を使わないタバコのことで、日本では電子タバコと呼ばれています。アメリカなどではVAPEと言い、これはVapor(蒸気)を語源とされている通俗的な呼び方です。電子タバコは香りや風味を持ったリキッドカートリッジと充電式バッテリー、それにリキッドを気化するためのアトマイザーで構成されています。形は葉を使用する普通のタバコよりも大きめで、葉巻型やパイプ型など様々なデザインがそろっています。最近では電子タバコを吸うこと自体が目的ではなく、そのスタイルやファッション性でVAPEを使うことが増えてきているようです。日本では、日本たばこ産業からプルームという喫煙具が発売されていて、これはタバコの葉を電気的に加熱して、蒸発した成分を吸いこむという物です。これには当然、ニコチンが含まれていますが、日本たばこ産業以外から発売されている電子タバコには薬事法の関係でリキッドカートリッジにニコチンは含まれていません。電子タバコには直接的な禁煙効果はありませんが、ニコチンが含まれていない電子タバコを吸っているときはタバコを吸いたいという気を紛らわすことができるので、結果的に禁煙を進めることになります。